自閉症eサービス@京都・滋賀とは

皆さんの中で「どうして?」と思われたことはありませんか。                    

缶コーヒーの自販機を見つけると制止を振り切って走り出す方がおられます。いつか、どこかで観たことのある風景や広告をペン画で克明に描かれる方もおられます。「自閉症スペクトラム」の方々の多くは、得意・不得意を持ちながらも周囲に受け入れてもらえず、日常生活でさまざまな生きにくさを感じておられます。私たち支援者は、この方達の行動の背景にある感じ方や理解の質的な違いを理解すべきではないでしょうか。その特有の文化を尊重し歩み寄ることから、自閉症の方達との共生社会の実現を目指していかねばならないのです。

そのような想いで2015年に設立したeサービス@京都は、今年度より@京都・滋賀へと名称を変え、支援の和を更に広げていくことを目指します。

また、2017年度からは、大阪、阪神地区および奈良に加えて、仙台、山口の研修プログラムとも年間パスを共通利用出来るようになりました。より幅広く人財育成に取り組んでいただけるでしょう。第一線に立つ支援者が、エビデンスある支援を実践するために、驕りを排し謙虚な姿勢を保つため、多くの方々のご参加を呼びかけます。

 

自閉症eサービス@京都・滋賀は、支援の現場におられる方を対象に研修を開催します。

●自閉症スペクトラムの方々を理解するための入門講座として、どなたでも基礎的な学習をしていただけます。

●いままで自閉症のことを学んだことのある方のための、より実践的な継続学習の場です。

●今後、自閉症の支援者としてエキスパートを目指す方にとっても、ネットワークを持っていただける場です。

2017年2月

自閉症eサービス@京都・滋賀

代表 中西 昌哉

ダウンロード

2017年度パンフレット20170605.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 570.8 KB