講師紹介

 神戸 金史   (かんべ・かねぶみ) 

                                                 RKB毎日放送 報道制作局次長 兼 東京報道部長

 

1967年、群馬県下仁田町生まれ。高崎高校から早稲田大学第一文学部に進学。

1991年、毎日新聞に入社。長崎支局配属直後に雲仙・普賢岳災害に遭遇。

1992~95年、長崎県島原市の取材前線本部に住み込んで災害取材に専従。

1999~2001年、福岡総局在籍中、記者交換制度でRKBに出向。

           初制作のドキュメンタリー『攻防 蜂の巣城 巨大公共事業との闘い4660日』

                                        (2000年)が、放送文化基金賞で入賞。  

2004年、毎日新聞東京社会部在籍中、自閉症児の親である立場を明らかにして

                     「記者の目」を執筆。

               寄せられた反響をもとに、『うちの子 自閉症児とその家族』を連載。

2005年春、毎日新聞を退職、RKBに入社し福岡に戻る。

            7月、新聞連載を映像化しTBS『報道特集』で放送。

                   さらに取材を続けて制作した年末の1時間番組『うちの子 自閉症という障害を

                            持って』は、同年のJNNネットワーク大賞を受賞。

2008年、友人の撮影を開始。報道部長・テレビ制作部長を務める間も、取材を断続的に継続。

          長編『シャッター 報道カメラマン 空白の10年』にまとめた。

2016年、東京で単身赴任を始めた4カ月後の7月26日、相模原市で津久井やまゆり園事件が

                       発生。

               障害者の親であり記者でもある立場で、テレビ・ラジオ、『うちの子』の

                       インターネット公開、

               YouTube、書籍、雑誌寄稿など、様々な媒体で問題提起を続ける。

2018年11月、日本医学ジャーナリスト協会賞大賞を受賞。